• SHIHOKO YONEZU

設立ストーリー①

更新日:1月17日

こんにちは。

本質的ブランディングコンサルタント、空間アルケミスト®の

米津 至穗香です。


2021年8月8日獅子座での新月、宇宙から強力なエネルギーが降り注いでいる、

と言われるライオンズゲートに、

Japan Food Mission、聖地FOODアカデミーを設立致しました。


「至穗香さんの仕事って何ですか?」


とよく聞かれます。


一言でいうと、

「人生を進化させるためのコンサルタント」です。


人生って変わる、進化するものなのです。


キャリアの経緯は、

建築業界、起業、スピリチュアル業界、独自メソッドのコンサルタント、講師。


きっと、目に見えない世界の仕事を経験しているため、

周りの人からは、何をしているの?

という一見曖昧で、どこか捉えどころがないように思えるのかもしれません。

周りからは、目に見えない世界の仕事しているのに、

ふわふわしていない、現実的だと言われ続けています。


わたしにとっての目に見えない世界での仕事は、

人生の中でずっとやり続けることを、

さまざまなスクールで目に見えない手法を複数学ぶことで、

自分と周りと観察しながら人生を変容させる方法をスキルアップさせた時期で、

自分自身の計画においても周りからの誠意あるアドバイスからも、

一時的な数年の学びだと決めていました。


なぜなら、

どのような仕事でも、精神性と現実の結果は切り離せないものであるからです。


そして、もともとわたしは、

建築業界に没頭するほどバリバリの現実主義者。


現実的なスキルと感覚的なスキルの両方で、自分が携わる全ての仕事を成立させる!

そして、現実的な成果をそのまま存分に喜びにする!


をポリシーにしています。


建築業界を目指した理由も、それはそれは毎日、真剣に考え抜いて選びました。


当時はまだまだ封建的な慣習が残っていた建築業界でしたが、

とても人間関係や環境に恵まれていたことが、

今のわたしの、仕事に対する肯定感を高めてくれているのだと思っています。


尊敬するビジネスパートナーの梅村和子との出会いは、そんな建築業界の初期でした。


キャリアもコミュニケーション能力も未熟だったその頃、

大企業の中では、相手との距離感に戸惑うこともよくありました。


しかし、梅村との関係は、

最初から笑いがほとんど。愚痴の中にも笑い。情報交換の中にも笑い。

とにかく、ストレスを感じなかったのです。


ストレスを感じない関係性は、必然的に、大切な相談を持ち掛ける相手にも発展します。


周りにストレスを感じさせない梅村の人柄の土台は、


持って生まれたあたたかくて細やかなサービス精神、

ユーモアとおおらかさ、

聞き役と共感姿勢のスキルの高さ、

基準を明確にしたプロ意識、

です。


その人柄を武器に、彼女は自分の夢を実現していきました。


設立ストーリー②へ



閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示